うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】

うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】

状況を把握しながら

鬱

抗うつ剤の服用はうつ病の治療に有効な手段ですが、どの時点でどの効果の有無を判断していくかが大事になります。仮に難治性だった場合には、ほかの治療も必要になりますので、悩みを打ち明けやすい医療機関を選択することが重要です。

詳しく見る

開発が進む

病院

うつ病の薬物治療では、主に抗うつ剤が使用され、様々なタイプの薬が開発されています。治療の初期段階における症状の緩和、そして再燃や再発の防止という役割があるため、治療期間の最初から最後まで服用していくことになります。

詳しく見る

周りからサポート

診察

うつ病は一人で治していくというよりも、周りの理解が大切になります。特に家族は一緒に寄り添うことで少しずつしっかりと快方へ進みます。基本的に通院での治療になりますので、通いやすい病院を選ぶ事も大事です。予約診療がほとんどです。

詳しく見る

相談内容をまとめましょう

女性

うつ病治療では医師に情報を伝える必要があるため、予め相談内容などをまとめておくのが良いでしょう。自立支援医療制度を利用すれば治療費を大きく抑えることができるため、長期間の治療が必要となった際に利用するのがオススメです。

詳しく見る

うつ治療への第一歩

医者

抗うつ剤は個人輸入でも入手できますが、価格と安全性を考慮すると、病院で処方してもらうのが一番です。鬱病の原因として性格があります。特に生真面目な人や被害妄想が強い人は鬱病になりやすい特徴を抱えているので要注意です。

詳しく見る

治療のはじまり

医者

正確な判断と回復に向けて

うつ病の薬物治療では主に抗うつ剤が使用され、最初の1、2週間は副作用を確かめるために少量が処方され、効果をみながら予定量まで増量していきます。予定量に達すると再び副作用が出ることもありますが、焦らずに対応すれば大丈夫です。加えて、よく眠れるようになったり、食欲がわいてきたりするなど症状にも変化がみられます。症状が改善しても再発予防のためには、最低でも1年は飲み続けることになります。主治医から指示された量の薬を服用し続けることが大切です。そして、服用スタート時に少しずつ増やしていったのと同様に、状態に合わせて、医師の指示のもと薬の量を今度は少しずつ減らしていきます。依存性はないですが、急に服用を中止すると症状をぶり返したり、吐き気などの中断症候群があらわれやすくなったりするので注意が必要です。また、うつ病にかかったのが子どもなら、本人が病気を治す意欲が低かったり、薬の必要性を理解できていなかったりすることもあるので、飲み忘れを防ぐために親が服薬管理をするようにします。飲み続けることで、体調や気分がよくなれば、子どもも薬への抵抗感がなくなり、薬を飲む意識が変わってきます。うつ病は複雑にいろいろな要因が絡み合い発症していることも多いため、初診時はおおむね問診と傾聴のために1時間ほどの時間が設けられています。症状に関してもそうですが、たとえば当人がおかれている社会的立場や家庭内の立場に関して聞かれることもあります。ほかにも、どんな仕事でどんな役職か、それを遂行することの苦しさや誇りなどです。そして、何よりも生活の基礎となる経済的な状況に関して不安を抱えている人も多いため、そういった部分にまで質問が及ぶことも理解して、何でも話すことが大事です。医師は決して否定したり、単なる興味で聞いたりしているのではなく、正しい診断により治療をスムーズにするために聞いているということを事前に理解しておきます。もし、医療機関を受診したときに、症状が重く、言葉のやり取りに問題があれば、薬を使用して気持ちにゆとりが出てからカウンセリングをおこなうこともあります。仮に1時間で話しきれない場合には、仕切り直しがおこなわれることがほとんどです。うつ病の場合、特例を除けば、診断に役立つような科学的検査は少ないです。主に診断基準によるペーパーテストを行い、傾聴により診断していきますが、通院していく中で必要があれば検査が追加されます。

Copyright© 2018 うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】 All Rights Reserved.