うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】

開発が進む

病院

辛い気持ちを先に改善

抗うつ剤にはさまざまなタイプがあり、日本では認可に時間がかかりましたが、新しいものではNaSSAがあり、セロトニンのアドレナリンを増やしてくれます。SSRIやSNRIと比べると鎮静作用が強いため、寝る前に服用するとよく眠れます。最初の選択薬がSSRIやSNRIで、気持ちの上がり方が異様でイライラする人などに適したタイプです。人により太るという副作用があるので、女性には辛いこともあります。また、SNRIの中には抗うつ作用のほかに、頭痛などからだの痛みにも効果があるタイプもあります。一日の中で痛みを感じる時間を短くしてくれる薬です。一番新しく開発されたSNRIの一種は、少量ならSSRIの作用があり、高用量ならノルアドレナリンに作用し有効です。そして、SSRIの中には効き目はゆっくりでも、抗うつ効果の高いものもあり、このタイプでは強い眠気が出ることがほとんどです。夕食や寝る前に飲めば、不眠を改善できます。不安やイライラの強いPMDDや更年期のうつ病などに適しています。うつ病の治療では精神療法やカウンセリングとともに薬物療法がおこなわれます。心の問題に薬を使用しても効果がないと疑問を持つ人もいますが、うつ病によるひどく辛い気分を速やかに改善するためには、薬がとても役に立ちます。治療をせずに放置すれば、ますます悪化し、元の状態に戻るまでにさらに時間がかかるので、まずは、薬を使用して不快な気分を和らげていくことが大切です。多くの場合、受診をするほど辛い状況になるまでには、長い年月がかかっています。完治するまでにも同じ時間がかかりますから早期治療が原則です。また、その間、症状は良い方にも悪い方にも向かうことになるので、一進一退が続きますし、治ったかのように見えて再発することもあります。こうした症状の繰り返しや再発を防ぐのも抗うつ剤などの薬です。うつ病は脳内の神経伝達物質の量が少なくなっていることに基づき治療をおこなうこともあるので、多くの抗うつ剤は、神経伝達物質が神経細胞に再び取り込まれるのを防いで、その減少を防止する作用を持っています。

Copyright© 2018 うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】 All Rights Reserved.