うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】

うつ治療への第一歩

医者

発症に影響する性格

うつ病になった際に有効な治療薬の一つが抗うつ剤です。抗うつ剤は薬の作用が強いため、安易に利用すると副作用に苦しむ危険性があります。そのため日本ではドラッグストアなどでは販売されていません。通常、日本で入手するためには精神科や心療内科を受診して医師の診察を受け、薬を服用する必要がある症状が見られると診断したときに限り、医師の処方箋によって入手することができます。ただし、日本での店舗での入手は不可能ですが、海外では一般の人も処方箋なしで入手することができるため、海外の商品を個人輸入することによって医師の診断書が無くても抗うつ剤を入手することが可能です。とはいえ個人輸入ですからもちろん保険適用外です。鬱病に対して一般的に用いられるとある抗うつ剤の場合、保険適用だと100錠あたり1000円低程度で購入できますが、海外の個人輸入サイトを利用すると、同じ薬でも100錠で13000円もします。更に副作用などについても自分で調べなければなりません。よほど緊急の時以外は病院で処方してもらう方が良いでしょう。鬱病になる原因の一つに、その人が持っている性格というのがあります。人それぞれいろいろな性格がありますが、うつ病になりやすい性格というのがあります。生真面目な人は精神的にダメージを受けやすく、うつ病になりやすいという特徴があります。生真面目な人の特徴としてはとにかく仕事熱心で自分で独自に目標を立て、その目標を完ぺきに遂行しようとします。生真面目な人は外的にストレスを受けることが無くても、自分の仕事の成果がイマイチだと自分を責め、みずからストレスを生み出しやすいため、精神的に負担が大きくなりやすいのです。また、被害妄想が激しい人も要注意です。誰にも注目されているわけではないのに自分が常に誰かに見られている気がしたり、自分の悪口を言われている気がして周囲の目が気になったりして常に落ち着かないと感じる人は少なくありません。落ち着かないということは常に何らかのストレスを感じていることになるので精神が休まらず、やがてダメージが蓄積して陰鬱な気分から抜け出せなくなります。特に対人恐怖症気味の人はストレスを溜めやすいので注意しましょう。

Copyright© 2018 うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】 All Rights Reserved.