うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】

周りからサポート

診察

自分で気がつかない

うつ病とは、白黒はっきりとした病気ではありません。人の性格もありますので、うつ病の診断は専門医も非常に慎重に行います。一回の受診で診断される事も少なく、数回受診して病状を確認してから診断されることが多いです。うつ病になる原因も人によって異なります。中には、自分で気がつかないうちに病状が悪化してしまうことがあります。周りにいる家族や友人が病状に気づいてあげられると早期発見が可能になります。早期に発見することで治療も早く取り組むことが出来ます。また一人で治療をしていくのではなく、周辺環境を見直すことで治療効果を上げることが出来ます。うつ病になると通常よりもネガティブに考えてしまったり、体がだるかったり、何事にもやる気が出ないような症状が現れます。健康な状態ではないことを周りが理解していれば、辛い症状を共有してあげることが出来ます。必要以上に気を配るのではなく、どのような症状が現れやすいのか基本的な知識を周りが持つことが大切です。ゆっくりと治療を進めていくので焦らないことが重要になります。病院で行う治療は薬物を使用する方法とカウンセリングを行います。担当医師と一定の時間はなしをすることで心が楽になることがあります。内側に抑えていた感情やストレスを少しずつ出していくことで心も体も楽になってきます。そのため、治療を行う病院や医師選びはとても重要になります。人気のある病院は一人の診察時間を十分に確保している所が多いです。薬物治療に頼り切らずにちょっとした考え方や捉え方を改善していくことも社会復帰には必要なことです。うつ病は最も再発しやすい病気と言われています。抗うつ剤など薬物を使用して改善が見られてもすぐに治療を中断せずに医師の指示に従う必要があります。特に回復したては重要な時期となりますので、治ったからと言ってすぐに社会復帰して無理をしてしまうと元に戻ってしまう恐れがあります。リハビリ期間をきちんと設けて取り組むことが必要です。比較的長期期間服用する薬ですからなるべく副作用の少ない薬を選びます。副作用は個人差がありますので、まずは試して見ることが大事です。

Copyright© 2018 うつの問診について【正しい診断により治療をスムーズにする】 All Rights Reserved.